住まいに同じ答えはない。
だからこそ、おもしろい。
今は、まだ、カタチもないものが、
あたらしく生まれ、
現実となるから。

まだ見ぬ、
蜃気楼の宮殿。

C

Coopera
tive
ご一緒に、

O

Over
その先の、

D

Dream
夢の、

E

Enter
入り口へ。

LAB

01CONCEPT

わたしたちでなければ、
実現できないスタイルを。
たとえば、家族数によって、お部屋の数が違います。
たとえば、世代間によって、コミュニケーションの距離が違います。
たとえば、趣味によって、収納の量が違います。
たとえば、ライフサイクルによって、プライバシーの視点が違います。

同じ、人・家族・ライフスタイルにも答えが無いように、
住まいにもまた、同じ答えはないはず。
私たちは気づいています。

だから、そのプランに、あなたや家族が合わせるのではなく、
あなたのONLYをともに見つけ出し、ともに創りたい。
それが、「ミラージュパレス CODE LAB.」です。

02ABOUT

Our CODE

私たちには、基準がある。
どんな暮らしを享受することができるのか。
どんな日々を謳歌できるのか。
どんな住まいなら誇ることができるのか。
どんな快適が必要なのか。
新しい創造への挑戦を、もっと、もっと。
それが、私たちの基準。
ひとつとなって応える。
それが、私たち。
ミラージュパレスと阪南設計事務所が連携して綿密な打ち合わせを重ね、
さまざまな角度から事業計画を吟味。
これは、不動産会社と設計事務所が一体で取り組んでいるからこそ
最良のプランを提供できる他社ではできない仕組み。
わたしたちでなければ、
実現できない設計がある。
ミラージュパレス・阪南設計事務所の一体のプラン開発・設計に加え、
事業予定地をよく知る方や、一般の方々にご意見を頂きながら、
この地にはどのようなものが相応しいのか。
今、ファミリーマンションにはどのような課題があるのか。
夫婦が暮らすには、どのような空間が望ましいのか。
そして、2020年。
テレワーク・オンライン・ソーシャルディスタンスによる「働き方」の変化。
三密・外出自粛・いえなか生活による「暮らし方」の変化。
この時代に、何が求められているのか。

開発と設計が一体となり、お客様の要望に応えること。
「わたしたちでなければ、実現できない設計がある。」

ミラージュパレス それは、まだ見ぬ、蜃気楼の宮殿。
さあ、ご一緒に、
その先の、夢の、入り口へ。

03INTERVIEW

Interview

率直な意見こそが、
住まいを理想に近づける。
本計画地界隈がどのような街なのかをより深く把握し、
この地にふさわしい住まいを創造するため、
街のことをよく知る大阪市内在住の一般の方々にインタビューを実施。
実感としての街の情報や都市居住に求められる住空間プランの条件など、
貴重なお話をここでご紹介します。

便利で暮らしやすく、
しかも地域の教育意識が高い。

[天王寺区在住、飲食経営、40代夫婦]
株式会社 鷲谷商店 代表取締役 鷲谷 良亮様
ワッシーズダイニング・スープル オーナーソムリエ 鷲谷 紀子様
今回、弊社は天王寺区勝山1丁目で新築分譲マンションの計画を進めているのですが、
このエリアについてはどのような印象をお持ちですか。
私はその計画地が含まれる五条小学校区と夕陽丘中学校区で育ったので、周辺のことはよく知っています。JR大阪環状線の内側に位置しているので都会のイメージがありますが、多くの方が思われている以上に落ち着いた住宅地です。昔から住んでいる人も多いですし、大きな邸宅も残っています。
暮らしやすさという観点からはいかがでしょうか。
生活圏に必要なものがほどよく揃っていて、生活利便がいいことについては、この街ではむしろ当たり前です。車の通行も一般乗用車が中心で、大きな車両か少ないので、住宅地としての安心材料になっていると思います。
教育環境の面から特徴的なことはありますか。
御社のマンション計画地周辺には、大阪星光学院中学校・高等学校、四天王寺中学校・高等学校があり、大阪府内でも特に教育環境が注目されているエリアです。また、大学の医学部や医科大学を目指す生徒が多く通う私立高校もあるので、一般学習塾だけでなく、医学部受験専門の塾や予備校も集まっています。
もともと教育意識が高いエリアなのでしょうか。
昔の話ですけど、校区内に住む事業家や資産家が、五条小学校・夕陽丘中学校にいい先生を招きたい、いい環境を整えたい、そして教育意識の高い家庭を地域に呼び寄せたいという思いから、学校にグランドピアノや運動器具などを寄贈したそうです。その結果、教育環境が整い、現在につながっていると思われます。
時を重ねて育まれてきた街といえるようですね。
そうですね、住んでいる方々の教育意識や向上心を背景に、地域全体の教育意識が高まっていったと考えられます。教育環境や生活環境のよさ、そして閑静な住宅街という面から注目を浴びることで、さらに環境が向上するという好循環が生まれ、人気のエリアとして育まれてきたのでしょう。
では、今回弊社が計画しているマンションの間取りプランについて、率直な感想をお聞かせ願えますか。
これからの時代、暮らし方の多様性に対応できる間取りや、部屋の開放感がいっそう求められるのではないかと思われます。そういう観点から考えて、イエナカ生活が進む中、間取りの可変性や発展性が望める自由設計を採用されている点は高く評価できるのではないでしょうか。
今回採用したキュービックプランについてはどう思われますか。
ふだんから私は間取りや図面を見ることが好きで、よくいろんな物件を見ているんですが、一般的な縦長プランは生活動線が長くなるので、使い勝手が悪そうですね。それに比べてキュービックプランは生活動線がスムーズで、さまざまな暮らし方に対応できそうでいいと思います。

株式会社鷲谷商店 四天王寺本店
〒543-0074
大阪市天王寺区六万体町5-13Wビル

■ 詳しくはHPへ
https://wassys.co.jp/

時代のニーズへの対応力には、
特に惹きつけられる。

[森ノ宮在住、20代・30代結婚予定カップル]
ともにIT企業勤務 T.N様カップル
まずは現在の住まいについて教えていただけますか。
今は1Kの賃貸マンションに住んでいます。駅まで徒歩10分と近いので、どこに行くにも便利です。スーパーも徒歩5分ですし、病院も近くにあるので、利便性は高いです。僕は本町勤務ですが、新幹線や飛行機での出張が多く、新大阪・伊丹へスムーズに出られるのはありがたいです。彼女は京橋本社の企業に所属していますが、出向が多いのでアクセスのよさには満足しています。
結婚後はお引っ越しを考えておられるそうですが、どのような住まいを望まれていますか。
理想は3LDKで、キッチンは対面式がいいです。それと、どんな広さであってもいいので、自分の時間を自由に過ごせるスペースが欲しいですね。
立地に対してはどのような希望をお持ちですか。
希望の立地は、自分たちの勤務形態に対応しやすいOsaka Metro沿線、御堂筋線や谷町線沿線が希望です。仕事の多様性を考えて、アクセス面を充実させたいんです。駅に近いに超したことはないですが、将来的な子育て環境を考えると、安全面から幹線道路が少ない場所を選びたいとも思います。スーパーなどの商業施設は遠くても車を利用するので問題はありません。
では、今回弊社が分譲マンションの計画を進めている天王寺区勝山1丁目というエリアについてはどのような印象をお持ちですか。
生活利便がよさそうですね。環状線の内側は基本的にいいイメージがあります。生活施設面からもエリア環境からも非常に住みやすそうに思えます。計画地は、玉造筋などの大通りからも距離がとれているので、安全面、騒音面からも安心できそうです。
本件の住空間プランについて、率直な感想をお聞かせ願えますか。
ワイドスパンは広々していて、ゆったりと暮らせそうですね。なかでも角住戸はプライバシーや音の影響、風通し、日照面からも快適だと思います。バルコニーが広いのも魅力です。そこに椅子を置いてくつろぐスタイルにも憧れますし。収納スペースが多いのも、将来的にもありがたいです。さらに、豊富なメニュープランや自由設計の導入は、理想の暮らし方に近づけるのでうれしいですね。
住まいのIoTについて、どのように思われますか。
お風呂やエアコンなどの設備を外出先から遠隔操作できるIoTやスマートハウスについては、いずれそれが当然になる時代が来ると思っているので、あればもちろんうれしいし、あるに超したことはないものだと高く評価しています。
メニュープランではテレワークに適したタイプも揃えていますが、どのように思われますか。
自分たちは二人ともテレワークをしているのですが、今の自宅ではテレビの前の机に向かい、床に座ってPC作業をしているため、集中できないし、仕事がはかどる環境ではありません。ですので、テレワークができる間取りや仕様になっているのはうれしいです。特に専用の机と椅子があり、家族にじゃまされず、仕事のオンオフも切り替えられる室内環境があれば理想です。

都心各所へ出かけやすく、
シニアにもやさしい街。

[天王寺区在住、70代シニアカップル]
中山 秀夫 様(歌手:一夢様)
今回、弊社が計画を進めている新築分譲マンションの予定地の近くにお住まいとのことですが、
立地についてはどのように評価されていますか。
私たちはマンション計画地の近くに長年住んでいますが、どこに行くにも便利です。Osaka Metro谷町線の「四天王寺前夕陽ヶ丘」駅やJR大阪環状線の「寺田町」駅はもちろん、天王寺や上本町などの都心エリアへも歩いて行っています。
暮らしを支える周辺の施設については満足されていますか。
そうですね、暮らしに必要な施設は近くに揃っているので、暮らしやすさについては十分満足しています。シニア世代にとっても住みよい環境ですし。私たちは日本赤十字病院をよく利用しているんですが、ほかにも近辺には総合病院が多いので、高齢者には安心ですね。私たちにとって何も不自由するところがないので、これからもずっとここを離れることはないと思っています。
シニア世代となられたご自身にとってはどのような住まいが理想だと思われますか。
現在、マンションに住んでいるんですが、やはりゆったりとした間取りが望ましいですね。年齢を重ねるとモノも増えてしまうため、収納スペースは広いほうがいいです。ただ、高いところにあると手が届きにくく、出し入れにも危険がともなうので、使いやすくて安全な工夫があればいいと思います。あとは、趣味ができる部屋があれば、なおうれしいですね。
安心して暮らすという観点からは、何が求められるでしょうか。
これから先のことを考えると、トイレや浴室、玄関、廊下など各所に手すりが設置されていると安心ですね。キッチンについては、ガスコンロよりも、火を使わないIHクッキングヒーターのほうが調理中の安全性を確保しやすいと思います。また、昨今の社会状況からも、防犯カメラの設置などによる万全のセキュリティ体制が整っていることを望みます。
快適なマンションライフを送るために望まれることはありますか。
マンションでの暮らしは、上下階と両隣の住戸の音が場合によっては気になることがあります。マンションの基本構造として十分な遮音性を備えた仕様にしてほしいです。それと、私たちはペットを飼っていますが、飼っていない方もいるので、お互いに気兼ねなく暮らせるよう配慮された設計となっていればありがたいですね。

あふれる明るさと爽快感は、
ワイドスパンならでは。

[北区中之島 分譲マンション在住、40代・30代 居酒屋「おかん」経営ご夫婦]
森越 剛志 様
現在住まわれている街の環境はいかがでしょうか。
生活施設が揃っているので、暮らすには便利な街ですね。学校も近いので、子どもにとってもいい環境だと思います。交通面でも恵まれていて、どこに行くのも便利です。立地環境に対しては何の不満もありません。
ご自宅はどのようなお住まいですか。
十数年前に購入した中の島の分譲マンションで間取りは2LDKです。共用施設として、ゲストルームやパーティールームがあります。ゴミ出しできる施設が各階にあって、いちいち1階まで下りて行かなくてもいいので、とても助かっています。
今後住み替えるとしたら、どんな住まいがいいですか。
今の住まいを購入した時と比べると、家族が増えたので、部屋数や部屋の広さはもっとあるほうがいいですね。今は子ども3人で1つの部屋を使っていますし。
本物件で採用している間取りについて率直なご意見をお聞かせいただけますか。
私たちの自宅も、見せていただいたプラン同様、ワイドスパンで、バルコニー面に3室ある間取りなので、各部屋が明るくてとても気持ちいいです。自宅ではLDと隣の洋室との仕切りに引き戸を採用していて、必要に応じて両方をつなげて大きな空間を生み出せます。そういう点でもバルコニー面の居室は、さまざまな使い方に対応できていいと思います。
住戸プランの各部で注目された箇所はありますか。
バルコニーが広いのは、植物を育てたり、遊具で遊んだり外出できない時の子どもの遊び場としても活用できるので、とてもありがたいと思います。子どもの帰宅と外出を気づきたいので、リビングイン洋室がいいですね。キッチンにいるとテレビの音が聞こえにくいので、ダウンライトスピーカーがあるのもうれしいです。家族が多いと物も増えていくので、収納スペースが充実している点も魅力だと思います。
本件では共用廊下を内廊下としているのですが、その点はいかがでしょう。
私たちの家も内廊下なのですが、内廊下は雨風を防ぐことができて、暮らし心地をよくしてくれますね。それに高級感があって、住まう満足感も高まると思います。

懐楽料理おかん 〒541-0048
大阪市中央区瓦町2-3-14日宝瓦町ビル1F

■ 営業時間
月~金、祝前日:18:00~23:00
(料理L.O.22:00 ドリンクL.O.22:30)
定休日:土、日、祝日

■ 詳しくは下記ページへ
https://tabelog.com/osaka/A2701
/A270106/27044289/

04MESSAGE

Message

ほかにはない試みを、
いまここに。

今回、マンションプロジェクトを計画した敷地は、競合物件が多い天王寺区内の中でも、特に街の静けさや穏やかな佇まいが感じられ、歴史もあり、教育環境にも恵まれるなど、数多くの魅力が備わっているため、取得するに至りました。

計画地周辺には、商業施設をはじめとする高度な都市生活機能、医療・教育・文化施設などが集積し、落ち着いた住環境にも包まれています。なかでも教育環境については、周辺にも進学校が多く、本計画地は五条小学校・夕陽丘中学校区域に属しています。

アクセスについては、ターミナル駅である近鉄奈良線・大阪線「大阪上本町」駅とOsaka Metro谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘」駅に加え、JR大阪環状線「桃谷」駅も利用でき、都心をはじめ、各方面への移動に便利です。

今回、由緒ある歴史、良好な教育環境、アクセス利便など、好条件が揃う本計画地で分譲マンションを構想するにあたり、ミラージュパレスとして独自の取り組みを導入しました。それが「ミラージュパレス CODE LAB.」です。マンションプロジェクトを事業主中心で進める従来の方法ではなく、地域の方々からのコメントやご意見を採り入れて推進します。「事業主×設計事務所×地域」という関係を確立し、幾度も打合せや提案を重ねて計画を進行させていきます。

本マンションのアピールポイントは、ワンフロア3邸のみで全邸角住戸とすることで独立性を高めつつ、プライバシーが守られやすい住まいを設計したことです。また、ワイドスパンを採用し、LDKなど家族団らんの場を広く確保しています。

この立地だからこその新しい分譲マンションの在り方を追求し、特別な36邸を限られた方々だけに提供したいという思いで構想したレジデンスです。

株式会社 ミラージュパレス
専務取締役 東 秀憲COMPANY >

お客様に
「いい建物ですよ」と
胸を張れるかを常に。

本物件は、立地が上町台地に位置することを踏まえ、古風で気品と風格があり、歴史と風土を活かした計画とする必要があると考えました。敷地は、北側が勝山通に、東側が6m道路に面する角地。土地形状はL型で、北西と南東で約1.5mの高低差があります。そのため、建物のデザインを考える際、L型の土地と高低差を活かすことが重要になると考えました。

建物配置は、安易に全戸東向きの板状建物とすれば魅力の少ないマンションになってしまうので不採用としました。ミラージュパレス・阪南設計として胸を張って提案できるものを目指して検討を重ねた結果、1フロア3住戸で、全戸角住戸という設計に決定。3つの住戸タイプは、東面と南面にメインバルコニー、西面にサービスバルコニーを設けた3面開口プラン、南面にメインバルコニー、西面と北面に窓を設けた、3面開口プラン、東面と北面にメインバルコニーを設けたプラン。すべてにL型バルコニーを設けるなど、開放感を高めながらもプライバシーを確保できるよう設計しています。

また、共用廊下は、ホテルのような高級感のある内装の内廊下とし、安らぎを感じながら歩ける空間とました。エントランスは、土地の高低差を活かして天井高を十分に確保できて、立面のデザインもスマートに計画できる北東部に設けています。

住戸設計は、専有面積を有効に活かせるよう、ワイドスパンでキュービックな形状としました。これにより、廊下面積を減らし、ゆったりと居室を配置したほか、ウォークインクローゼットを全住戸に確保し、収納の充実も図りました。

昨今増えてきたテレワークという新しい仕事のスタイルに対応できる間取りプランも検討。日常生活に邪魔にならず、テレワーク以外にも有効に活用できるスペースをご用意したタイプも、メニュープランとしてラインナップしています。

今後、テレワーク・リモートワーク等により、家で仕事をする機会も増えると考え、インターネット環境はeo光の光回線方式を採用し、大容量のデータ通信を可能としました。また、ストレスなく家事をして頂ける様、キッチン上の照明をスピーカー付ダウンライトとし、音楽やテレビの音声を聴きながら、愉しくクッキングできる環境も整えました。

建物は、これまでのミラージュパレスのマンションシリーズ同様、高級感と重厚感のある外観とし、勝山通の新たなシンボルとなるとともに、ここに住んでよかった、自分の理想に近い住まいだとお客様に満足いただけるレジデンスを目指しました。

株式会社阪南設計事務所
第一設計部部長 一級建築士
中木村 強司 COMPANY >

Copyright©️2020 CODE LAB. All Rights Reserved.